アレルギー性鼻炎・花粉症 レーザー治療

アレルギー性鼻炎・花粉症について

アレルギー性鼻炎・花粉症について花粉症を代表とするアレルギー性鼻炎は、アレルギーを引き起こす物質である抗原(アレルゲン)が原因になって起こっています。空中にあるアレルゲンが呼吸を通じて鼻の粘膜に付着することでアレルギー反応が起こります。代表的な症状は、くしゃみ、鼻水、鼻詰まりです。花粉症はアレルゲンが花粉であり、一般的なスギやヒノキだけでなく、他の季節に咲く花の花粉が原因になっていることもあります。花粉以外のアレルゲンでは、ハウスダウスト、ペットの毛などがあります。

また、アレルゲンが喉や気管、目などに入り込んでそこでアレルギー反応を起こす場合もあり、喉がイガイカする、咳が止まらない、目が痒い、涙が出るなどの症状が現れることも多くなっています。

こうした症状でお悩みがありましたら、ご相談ください。当院では症状に応じて、炭酸ガスレーザー療法の治療も行っています。

治療方針について

アレルギー性鼻炎や花粉症の治療では、症状や血液検査の結果、そして患者さまのライフスタイルやお考えに合わせた治療が重要だと当院では考えています。花粉症など、症状の出る時期が明確な場合は、症状が出る前から薬を服用することでその効果を充分に得ることができます。スギ花粉症では症状が出始める1ヶ月前の2月初旬頃に服用開始するのを目安に受診いただいています。

また、お仕事や勉強にさしつかえないものとういうことで、症状を抑える効果だけでなく眠くならないということもお薬には求められます。ただし、それぞれ特徴やメリットとメデリットがありますので、患者さまのお話をしっかり伺った上で詳しくご説明し、生活スタイルに一番合った処方を心がけています。

症状の出る時期に合わせた治療、アレルゲンを避ける方法のアドバイスだけでなく、当院ではアレルギー反応が起きにくい粘膜に変性収縮させて症状を軽減する炭酸ガスレーザー療法も行っています。

炭酸ガスレーザー療法のメリット

炭酸ガスレーザー療法のメリット鼻水、鼻詰まりといった症状を軽減できるので、お薬を飲む量を減らしたり、飲まずに過ごせる可能性もあります。お薬をつい飲み忘れてしまう方、運転や精密さが必要とされるお仕事をさせていてお薬をできるだけ飲みたくない方にもおすすめできます。また、アレルギー症状(鼻水)が出ている時にも患部の治療が可能です。

治療の効果

炭酸ガスレーザー療法は、下鼻甲介粘膜を焼灼して症状を軽減する手術療法です。効果に個人差はありますが、くしゃみ・鼻水・鼻づまりの3症状が手術1ヵ月後、ほとんどなくなる方が半数近く、症状が半減する方が3割程度、すこし改善した方が1割程度となっています。なお、この治療は効果が永続するものではなく、2年程度持続するというケースが多くなっています。

料金の目安

症状、検査内容により、費用は変わりますので、ご紹介する料金はあくまでも目安となるものです。

炭酸ガスレーザー療法

8,000円~10,000円(別途、診察料金がかかります)

炭酸ガスレーザー療法(炭酸ガスレーザー凝固手術)を
受けられる方へ

アレルギー性鼻炎・花粉症、肥厚性鼻炎などを治療する目的で、アレルギー反応場所である下鼻甲介の表面粘膜をレーザーによって焼灼凝固する療法です。焼灼凝固させることで鼻閉の軽減や花粉などのアレルゲン(抗原)の反応場所を無くし、それによって症状を改善します。なお、この療法は、心臓ペースメーカーを使用されている場合、受けることができません。

治療の流れ

炭酸ガスレーザー療法は、外来で受けることができる日帰り手術です。

1麻酔

鼻の中にスプレーなどの麻酔を施します。その後、麻酔薬を浸したガーゼを数枚挿入し、手術中に痛みをほとんど感じないようにします。ガーゼは20分~30分、挿入したまま過ごしていただきます。

2手術

当院では、内部を丁寧にくまなく焼灼するので、手術の所要時間は約15分です。切開などを行いませんから、ご安心して受けていただけます。

術後の経過とご注意いただくこと

鼻の機能に出血などの大きな合併症を起こすことのない、とても安全な治療法です。ただし、手術後に痛みやかさぶたなどによる不快感が生じる可能性があり、鼻水に交じる程度の出血が見られる場合もあります。

痛み

痛みはほとんどありません。

かさぶた

手術後、かさぶたができて、2~3週間かけて鼻の粘膜が再生します。かさぶたができることで、鼻が詰まったような鼻閉を感じる可能性があり、特に最初の1週間は強く感じることがあります。違和感があるなどの場合には、鼻処置を行って軽減させます。

鼻水

かさぶたに伴い、反応性の鼻水が出る可能性があります。年度のやや強い鼻水で、手術4~5日をピークに減少していきます。

出血

鼻出血はほとんどありませんが、手術当日は、極小量の出血がある可能性があります。

術後の生活制限

鼻の血流を増やすと鼻血が出やすくなるため、手術を受けた当日の入浴やスポーツは注意してください。シャワー程度でしたら構いません。翌日からは特に入浴やスポーツの制限はありません。ただし、手術後1週間程度、鼻を強くかむことや、鼻をほじるなどを控える必要があります。

診療時間 日・祝
9:30〜12:30 × ×
15:00〜18:30 × ×

9:30〜12:00、午後 手術日

アレルギー性鼻炎・花粉症レーザー治療についてアレルギー性鼻炎・花粉症レーザー治療について
TEL:03-3848-0332