喉(のど)の病気

喉(のど)の病気

喉(のど)の病気代表的な喉の病気には、ウイルスや細菌感染による咽頭炎や扁桃炎、声帯ポリープ、声帯結節などがあります。
喉の痛みや腫れ、扁桃腺の腫れ、喉が詰まる、飲み込みにくい。呼吸しにくい、痰が絡む、咳が続く、むせる、声がかすれる、声がかれる、いびきが気になる、血痰が出るなどの症状がありましたら、お気軽にご相談ください。また、喉からウイルス感染して炎症を起こす場合も多いので、発熱などかぜのような症状があったら一度、受診されることをおすすめしています。

治療について

治療についてかぜやアレルギーなどでのどの症状がとても辛いことがあると思いますが、そんな時こそ耳鼻咽喉科の受診をおすすめしています。耳鼻咽喉科では、喉頭鏡やファイバーを使ってのどの奥まで診察ができます。また、とても細かい霧状にした薬剤を患部のすみずみまで届けるネプライザーという機器を使った治療を受けられるため、一般的な内科治療よりかなり効率的に症状を緩和できます。かぜなどは喉の炎症からはじまるケースも多いため、喉に違和感があったら早めにご相談ください。

当院の診療方針

症状やお困りになっていることをきちんとうかがって、丁寧に検査を行い、病気の状態や診療についてわかりやすくご説明しています。
また、喉の奥には通常の診療では見えない場所もありますので、必要に応じて内視鏡を使った検査も行っています。とても細い内視鏡スコープですから、お体への負担や痛み・不快感はほとんどなく、喉の状態を直接、詳しく観察できますので的確な診断と治療にとても役立っています。

喉頭・咽頭の病気

喉頭炎とは

喉頭は、喉と肺の間で一番上にある部分です。
代表的な症状は、喉の痛み、咳、息苦しい、声のかすれ、発熱などです。
細菌やウイルス、アレルギー、慢性的な鼻の病気などによって起こります。また、大気汚染や飲酒、喫煙など、慢性的に刺激を受けることで起こる場合もよくあります。

咽頭炎とは

咽頭は、鼻腔と口腔から喉頭までの間をつなぐ部分です。
細菌やウイルスなどの感染によってここに炎症が起こると、喉の痛み、咳、痰、喉がヒリヒリするなどの違和感、そして発熱などの症状が起こります。

喉頭炎・咽頭炎の治療方法について

内服や点滴、ネプライザー治療などを行います。ネプライザーは、霧状にした薬剤を使って患部の隅々まで行き渡らせる治療機器です。

扁桃の病気

扁桃は、喉の入口にあるリンパ小節の集合体です。

急性扁桃炎とは

かぜなどの感染、疲れなどによって、扁桃が炎症を起こすもので、喉の奥が赤く見える発赤、腫れ、発熱や悪寒、イガイガする痛み、全身のだるさなど倦怠感、食べ物や唾液を飲み込む時の痛みといった症状があります。

風邪のウイルスへの感染や疲れ(疲労)が原因で喉にある扁桃が炎症を起こす病気です。食事ができなくなったり、唾液を飲み込むのもつらくなるほど痛みが強くなる場合もあります。

抗生物質の内服や点滴治療が基本ですが、扁桃炎を年に何度も繰り返すような場合には切除や摘出手術の検討をご提案しています。なお、入院が必要とされますので、手術を受ける際には信頼できる専門医療機関をご紹介しています。

扁桃肥大とは

喉の奥にある扁桃(口蓋扁桃)が肥大してしまう病気です。呼吸がしにくくなり、食べ物を飲み込むための時間が長くなります。また、いびきや無呼吸症候群の原因としてもあげられます。原因や状態により治療法はさまざまですが、手術が必要とされるケースもあります。

扁桃周囲膿瘍

扁桃腺の裏側に膿がたまってしまい、高熱や喉の強い痛みが起こり、うまく口を開けられなくなる開口障害もお起こります。水や唾液を飲むのも困難なほど痛みが強まる場合もあります。この痛みは治療で膿を取り去れば大きく改善します。そこで、治療では注射針を用いて膿を取り去る処置を行い、抗生物質の内服や点滴治療を行います。
症状がひどい場合は入院治療が必要となります。その場合は、専門医療機関をご紹介させていただきます。

声帯ポリープ・声帯結節

声帯ポリープ・声帯結節声帯は咽頭と気管の間にあり、声を出すために使われる場所です。

声帯ポリープとは

声を酷使したり、喫煙などで慢性的に声帯が刺激を受けて発症します。カラオケポリープと呼ばれることもあります。やわらかい腫瘍で、ほとんどは片側だけにできます。治療方法としては、保存的療法(声をできるだけ出さないようにする・薬物療法)を実施し経過観察し、それでも効果が見られず長引く場合は、手術の検討が必要となります。

声帯結節とは

声の酷使によって起こるもので、やわらかい声帯ポリープと違い、硬い結節ができます。声を出す際に左右の声帯がぶつかりますが、それが繰り返されることで結節となります。声のかすれといった症状があります。歌手、学校や幼稚園の先生、保育士など、日常的に大きな声を出す必要がある職業の方によく見られます。治療方法は、声帯ポリープと同様で、保存的療法(声をできるだけ出さないようにする・薬物療法)を実施し経過観察し、それでも効果が見られず長引く場合は、手術の検討が必要となります。

診療時間 日・祝
9:30〜12:30 × ×
15:00〜18:30 × ×

9:30〜12:00、午後 手術日

アレルギー性鼻炎・花粉症レーザー治療についてアレルギー性鼻炎・花粉症レーザー治療について
TEL:03-3848-0332