めまい・耳鳴り

めまいと耳鳴り

めまいと耳鳴りめまいや耳鳴りは、耳が持つ大きな役割である「聴く」だけではなく「平衡感覚を保つ」を担う器官の「内耳」に起きた異常から起こるケースが多くなっています。めまいと耳鳴りの症状が同時に起こることもあります。こうした症状は生活の質を下げるだけでなく、日常生活に危険を及ぼす可能性もあります。早期の受診が重要な病気もありますので、早めに耳鼻咽喉科の専門医を受診してください。

「聴く」音が聞こえる仕組み

音が聞こえる仕組みはとても複雑なプロセスをたどっています。空気の振動である音は、耳に入ってきて鼓膜にぶつかり、それが奥にある中耳腔の耳小骨に伝わっていきます。空気で満たされた中耳腔で音が増幅され、内耳の蝸牛へ伝わっていきます。リンパ液で満たされた蝸牛は空気の振動を液体の振動に変換します。蝸牛の底には基底板があり、そこに整然と配列された毛状の感覚細胞が液体の揺れになびき、その動きを電気信号に変換して蝸牛神経に伝え、それが脳幹を経由して大脳にある聴覚感覚野に伝わって、音が認識されるのです。

「平衡感覚を保つ」内耳の重要な役割

耳が持つ「平衡感覚を保つ」ことに重要な役割を担っているのが内耳です。音を聴く仕組みでご紹介した蝸牛の隣には、三半規管と耳石器があり、内耳の中でもこの2つが平衡感覚に大きく関わっています。

三半規管はチューブ状の構造で、内部はリンパ液で満たされています。水平方向と垂直方向の回転を感知する「外側半規管」「前半規管」「後半規管」という3本のチューブがあって、ここにはリンパの流れを感知するセンサーの膨大部があります。ここにも蝸牛のように整然と配列された毛状の感覚細胞があり、リンパの動きを電気信号に変えて脳に送っています。この三半規管が、お互いに絶妙な角度で構成されているので3次元の空間を感知できるのです。

めまいが起こる理由

身体のバランスは、内耳からの情報に加え、視覚情報、筋肉や皮膚からの深部知覚の情報が脳に集まって保つことができます。めまいは、内耳、視覚、深部知覚という情報を感知するセンサーや、情報を統合する脳に異常が起こることで現れます。

めまいの症状

センサーの異常によって引き起こされるめまいでは、症状によって原因がある程度判断できます。ふわふわするめまいの場合は視覚や深部知覚に起こった障害に多く現れる症状です。姿勢が安定しないと言った症状が現れる場合もあります。
一方、内耳の異常が関係しているめまいでは、グルグルと回転するような症状が現れます。

内耳の異常から起こる病気

内耳の異常から起こるめまいには、良性発作性頭位めまい症、メニエール病、前庭神経炎などがあります。

良性発作性頭位めまい症とは

寝返りをうったり、急に頭を動かしたりしたときに発症するめまいで、回転性や不安定感、浮動性めまい、たちくらみなどの症状があります。耳が原因となるめまい症でもっとも多い症状となります。原因としては、三半規管内の耳石が感覚器を刺激することによって起こると言われております。治療方法は、生活指導と薬物治療があります。

メニエール病

内耳のむくみ(内リンパ水腫)が原因で起こるめまいです。ストレスや過労、睡眠不足が原因となり発症するしたり、季節のによる気候の変化で発症するとも言われております。症状としては、回転性のめまいと耳鳴りや難聴があります。治療方法は、薬物治療を行い、原因と考えられるストレスや過労を避けた日常生活の改善が必要となります。

前庭神経炎

内耳の前庭神経のウイルス感染が原因と考えられております。症状としては、激しいめまい発作があります。聞こえが悪くなることはありません。治療方法は、症状が激しい場合は点滴療法、薬物治療で経過観察を行い、症状が改善されない場合は、入院して専門治療が必要となります。

内耳に起こる病気には、進行すると治りにくくなるものがあります。また、めまいは自覚しやすい症状ですが、難聴は徐々に進行した場合かなり自覚しにくいため、併発になかなか気付かず進行し、治るまでかなりの時間を要することが珍しくありません。症状があったら早めにご相談ください。

脳が原因になっているめまい

ほとんどのめまいは、内耳に原因があって起こっていますが、脳に原因がある場合もあります。めまいだけでなく、手足のしびれ、ろれつが回らない、頭が痛い、失神(気を失う)などの症状があったら、脳に原因があるめまいを疑います。脳に原因があるめまいを起こすのは、脳梗塞・脳出血、脳腫瘍などの脳血管障害が代表的な病気です。

こうした症状があったらで、できるだけ早く医療機関を受診してください。ほかに、首から脳につながる椎骨脳低動脈が循環障害を起こす椎骨脳低動脈循環不全、耳から情報を伝える神経に腫瘍が発生する聴神経腫瘍の可能性があります。聴神経腫瘍は進行がとても遅いため気付きにくく、注意が必要な病気です。
より詳しい検査が必要な場合は、当院のグループ医院・連携医院にてMRIやCT検査を受けていただけるように体制を整えております。

耳鳴り・難聴が起こる理由

耳鳴り・難聴が起こる理由空気の振動として耳に入ってきた音は、内耳・神経・脳と伝わっていきますが、このどこかに異常が起こることで耳鳴りや難聴といった症状が発生します。

外耳・中耳の異常で起こる耳鳴り・難聴

中耳炎によっては、難聴といった症状が現れることがあります。耳管は狭窄して閉じてしまったり、逆に開きっぱなしになると耳が詰まるような感じが起こります。また、喉の一番上、鼻に近い部分の上咽頭に炎症が起きて耳管の出口がふさがれることがあり、それによって耳が詰まったり、痛みのない中耳炎が併発するケースもあります。

難聴など聞こえの問題は、外耳に入り込んだ髪の毛などの異物や虫、耳垢などによって発生するものもあります。

内耳の異常で起こる耳鳴り・難聴

耳鳴りや難聴は外耳や中耳だけでなく、内耳に起こる障害から引き起こされる場合もあります。感覚細胞がぎっしり詰まった蝸牛に異常が起こって音を脳に伝える機構がうまく働かなくなり、難聴や耳鳴りが起こることがあります。この場合の耳鳴りは、実際はない音を聞こえたと感じて誤った情報を脳に送っていることが原因で起こっています。内耳の障害で起こる耳鳴りと難聴は、同じ場所に原因があって起こっています。耳鳴りのせいでよく聞こえないと感じてらっしゃる方が多いのですが、実際には難聴の症状も起いています。

内耳の異常で起こる耳鳴りや難聴の原因となっている代表的な疾患は、メニエール病、老人性難聴、突発性難聴、外リンパ瘻があります。回復が困難なケースが珍しくない突発性難聴、外リンパ瘻は、できるだけ早期に専門医を受診し、適した治療を早めに受ける必要があります。

診療時間 日・祝
9:30〜12:30 × ×
15:00〜18:30 × ×

9:30〜12:00、午後 手術日

アレルギー性鼻炎・花粉症レーザー治療についてアレルギー性鼻炎・花粉症レーザー治療について
TEL:03-3848-0332